アーユルヴェーダ的キュアリング胡麻油の用い方

有限会社 アーユルスペース樂

03-5414-3276

〒106-0046 東京都港区元麻布3-12-44 コンド十番館B1

OPEN 11:00〜22:00(最終受付:20:00)

楽・資料室

2016/10/28 アーユルヴェーダ的キュアリング胡麻油の用い方

1、 脳を冷やす。頭頂部に油を塗る(置く=ピチュ)。


2、 洗髪前に油で頭皮全体をマッサージして入浴する。最後にシャンプーで洗髪すると頭皮の汚れや皮脂を落とし、
       髪の毛もしっとり艶やかになる。また、寝る前に頭皮の脂マッサージをして翌朝洗うのはより効果的です。


3、 感覚器官を目覚めさせる。手・足・耳、出来れば顔もマッサージ(油を塗布=アビヤンガ)。


4、 胡麻油をブラシに付けて歯を磨くと浄化と歯が白くなる効果がある。
      ターメリックをプラスすると尚効果的。(情報提供はタテマルメンテナンス)


5、 口腔内浄化。2030㏄の油を含み、グチュグチュ35分呑みこまないように注意しながらやる。
       唾液で口腔内が一杯になったら吐き出し、塩湯でうがいをする。次に白湯でうがいをする。(油うがい=ガンドゥーシャ)


6、 全身のマッサージ。皮膚の浄化と強化、若々しさを保つなど。自分自身で行う場合、約50度に温めた油を、
       頭頂部~側頭部~耳~額(顔全体)~腹部~腰部~胸部~肩背部~上腕部~前腕部~大腿部~膝~下肢下部の順が望ましい。(油塗布マッサージ=アビヤンガ)。
       赤ちゃんや弱った老人などにはスイートアーモンドオイルを用いる。出来ればその後でゆっくりお風呂に入る。(温熱発汗=スゥェダナ)。
       風呂が油まみれにならないように、余分な油は拭き取るか、ひよこ豆のペーストを全身に塗り余分な油をシャワーで流してから入る。

 

7、 膣の浄化と冷え対策。4050度程度に温めた油を膣全体に塗布、又は注ぎタンポンで蓋をする。
      冷えに悩まされる女性や50代以降の女性にお勧め浄化法。(簡易版ウッドラバスティ)釈迦寺「宙」の妙恵さんお勧め。

 

☆、キュアリングとは太白胡麻油を105度まで温めて、胡麻油の分子構造を細かくして浸透効果を高めるために処置することです。

 

☆、胡麻油の効能として老化の防止、病気の予防、シミやシワの防止等が知られています。これは、セサミン、セサミノールには高い抗酸化作用があり、
      活性酸素除去の効果があるためです。また、肝機能が向上し、肌細胞の新陳代謝を促進し、水分・油分・弾力を取り戻し美肌効果もあります。

 

☆、胡麻油を塗る効果としては体温の発散予防、冷涼感、リノール酸が皮膚から吸収されて身体の栄養として働くことです。


               アーユルスペース樂 www.rakuclinik.com/
                                   03-5414-3276  e-mail info@rakuclinik.com

 

 

 

アーユルスペース樂

住所  東京都港区元麻布3-12-44 コンド十番館B1
電話番号 03-5414-3276
OPEN 11:00〜22:00(最終受付:20:00)
アクセス 地下鉄南北線・大江戸線「麻布十番駅」4番出口より徒歩7分

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2bx0v0L

TOP